奇跡の薬

1998年に米国で発売が開始された薬にバイアグラがあります。これは多くの男性を悩ませていたEDに関する効果的な治療薬です。このバイアグラが登場するまでED治療に関する有効な薬はありませんでした。その為にバイアグラが登場した当初は大きな話題となり、世界各国からマスコミが駆けつける事態になりました。
今ではバイアグラ以外にもレビトラやシアリスというような治療薬が多数存在しており、ED治療に使える薬は様々なものが存在するようになりました。自分の利用したい商品を選んで好きに使っていけるようになった為に、治療にかかる負担やストレスも軽減され、患者側にとっては喜ばしい環境が整いつつあります。

このバイアグラは元々ED治療のために開発されていたものではありませんでした。最初は狭心症という心臓へ酸素を共有する為の動脈が不具合をおこし、虚血状態になってしまう病気の治療薬として開発されていました。
様々な試行錯誤を重ね、狭心症の治療薬として完成し、臨床段階に入ったもののその結果は芳しくありませんでした。
そのためにバイアグラの初期型は回収され、研究のしなおしになる所だったのです。そこで臨床試験に入っていた患者達へ薬の変換を求めたところ、多数の人間がそれを渋りました。その理由がEDへの治療効果だったのです。
その反応を元に更に研究開発を重ね、完成されたのがシルデナフィル、別名バイアグラなのです。
狭心症の治療薬としてはシルデナフィルですが、ED治療薬としてはバイアグラの名称が利用されています。どちらも名前が違うだけで同じ薬です。